医療・福祉・保健のトータルケア 医療法人社団 仁智会

お電話からのお問い合わせ

Tel.076-262-3300

文字サイズ

  • 標準
  • 拡大
仁智会について
信条(credo)

ご利用される方々へのお約束

  1. 私たちは、ご利用される方々に選んでいただけることに感謝し、沢山の「ありがとう」をいただける施設にします。
  2. 私たちは、ご利用される方々の人間としての尊厳を守るために、「自己決定」を大切にし、「自立支援」に全力を挙げて取り組みます。
  3. ご利用される方々のかけがえのない命を守るために、「いつでも速やかに」医療サービスを提供できる体制をとります。
  4. 私たちは、ご利用される方々を人生の先輩として敬い、お一人おひとりの思いを真摯に「聴く」ことを通して、「良き理解者」として認めていただけるように努めます。
  5. 私たちは、絶えず自己研鑚に努め、ISOの規格により「品質管理」を行うことによって、常に質の高い医療・介護サービスを提供します。
  6. 私たちは、ご利用される方々の大切な「プライバシー」を守るために、細心の注意を払います。
  7. 私たちは、クレームをご利用される方々の本音であり、私たちに対する期待の表れと考え、「誠心誠意」お応えします。

私たちの行動指針

  1. 私たちは、仁智会の使命、約束、指針等を理解し、実践します。
  2. 私たちは、ご利用者、ご家族、地域の方々へのお役立ちの心を形(表情、態度、言葉、行動)に現します。
  3. 私たちは、費用対効果を常に意識し、経費節減に努めます。
  4. 私たちは、仕事のえり好みをせず、進んで仕事を引き受けます。
  5. 私たちは、課題に対して、前向きに改善提案し、実行します。
  6. 私たちは、研修、会議等に積極的に参加し、自己啓発に努めます。
  7. 私たちは、自らの役割を認識し、任された仕事は期限までに責任を持って、やり遂げます。
  8. 私たちは、人との約束や上司の指示を厳守して行動します。
  9. 私たちは、建物、設備、車両、備品等の整理・整頓・清掃・清潔に努めます。
  10. 私たちは、気配りを大切にし、自分から進んで他の人の仕事に協力します。
  11. 私たちは、調和を保ち、チームケアを実践します。
  12. 私たちは、笑顔で元気よく挨拶し、礼儀正しく、適切な言葉遣い、身だしなみで業務に携わります。
  13. 私たちは、何かしていただいたときには、必ず「ありがとう」とお礼を言います。
  14. 私たちは、他人からの注意・指摘を素直に受け入れます。
  15. 私たちは、”お世話させていただいている”という姿勢で、ご利用される方々と接します。

法人の指針

~職員の皆様へ~

  1. 法人は、職員一人ひとりが価値ある貴重な財産として尊重され、安心して働ける職場環境を作ります。
  2. 法人は、公正な人事評価と自己研鑚の機会の提供を通じて、職員一人ひとりの価値を高めるための支援をします。
  3. 法人は、ユーモアを大切にし、かつ建設的な意見を自由濶達に議論できる組織風土を作ります。

~地域社会の皆様へ~

  1. 私たちは、仁智会が「社会の公器」であることを強く自覚し、法令を遵守し、常に地域の方々と共に歩みます。
  2. 私たちは、介護を家族労働から解放して、その空いた手を産業発展に活かすという「介護の社会化」の担い手として地域社会の発展に貢献します。

創業の精神

「老人医療ってこれでいいのかな?」それは私が医師として、診療現場に立ち始めたころからの疑問でありました。寝たきりの老人は、ベットの上で薬漬けの毎日、徘徊老人は、精神科の閉鎖病棟の中で、大量の向精神薬で行動を抑制されているのが、普通のことでした。

「大切なのは薬より、人の手による介護ではないか!」そんなふうにブレークスルーして、診療所を創設したのが、1987年6月1日でした。そして翌年5月、石川県で最初の老人保険施設を開設しました。

「寝たきりは起こそう、徘徊は好きなだけ自由にやってもらおう。ほら、みんな生き生きしてきたよ。」 そんなときの老人たちの明るい笑顔は今でも脳裏に焼きついています。「医療と介護が一体になって、病める老人の方々に安心と心豊かさを届けたい。」これが私の創業の思いなのです。

法人名の由来

どこにあっても医師は、患者さんに「親切」に、そして生涯「勉強」をと、二つの言葉を恩師からいただきました。

この言葉といつも向き合えるように、論語から「親切」には「仁」、「勉強」には「智」の文字を引用して、「仁智会」と名付けました。